症状の改善を早めるために|うつ病患者への接し方を知っておこう

周りの人の理解も大切

ナース

本人のペースに合わせよう

日本には、うつ病になってしまう人は意外と多くいます。また、中にはうつ病に関してあまり知識が無い場合、それがうつ病だとは分からずそのまま放置してしまっている人もいるかもしれません。このうつ病は脳に何らかの問題が発生した際に起きてしまう症状です。その為、放置していることで症状がどんどん進んでしまう場合もあるので気をつけなければいけません。また、そんなうつ病の人が周りにいる場合、接し方も重要です。接し方によっては症状が悪化してしまう場合もあるので、きちんと接し方を覚える必要があります。まず、うつ病の人は物事を悲観的に考えてしまったり、マイナスに捉えてしまったりする人が多くいるでしょう。この場合、相手の為にと一生懸命励ますのはとても危険です。うつ病は真面目で責任感の強い人がなりやすい傾向にあります。その為、励ましてしまうと、治さなければと焦ってしまい余計ストレスが溜まってしまう可能性があるでしょう。頑張れ、頑張れではなく、ゆっくりで良いからね、一緒に頑張ろうなど、安心することが出来るような言葉をかけてあげると良いです。また、引きこもりがちになってしまう人も中にはいますが、その場合無理に外に連れ出すようなことはしてはいけません。心身共にゆっくり休むことも症状を改善させる為に大切なことであり、無理に外に出ても逆に負担になってしまう可能性があります。その為、本人の意思に任せ、家にいたい時はゆっくり家の中で休んでもらうことも大切でしょう。また、何事もやる気が無いように見えますが、本人もとても気にしている場合もあります。やる気が無い状態を注意することも禁物です。それがプレッシャーとなってしまい、心に負担となってしまうので大きな心であるがままを受け止めてあげることも大切でしょう。うつ病の人が身近にいる場合、間違った接し方をしてしまえばなかなか症状の改善を図ることが出来なくなってしまいます。その為、そのような人がいる場合はきちんと接し方を覚えることが大切です。うつ病は進行してしまえば、心身共に大きな負担となってしまう為、できるだけ早く改善する為にも精神科などのクリニックに通うことをおすすめします。精神科などの専門のクリニックでは、薬の処方だけでは無く、精神的にもアプローチをかけてくれ、症状の改善を図ってくれます。その為、きちんと通うことで症状を早期に改善することが出来るでしょう。しかし、中にはクリニックに通うことさえ嫌がる場合があります。その場合は家族など身近な人だけでもクリニックに相談することも出来るので、嫌がるところを無理に連れて行くのではなく、まずは優しく「良い病院があるから一緒に行かない?」など声を掛けてみるのも良いのではないでしょうか。接し方を一つ間違えてしまえば、それが症状の悪化へとつながってしまう場合があるので、気をつける必要があります。大切なことは気長に待つということです。つい周りも「早く治してもらいたい」という気持ちが働き、焦ってしまいがちですが本人の意思を尊重し、ゆっくりと治す気持ちで付き合うことが大切でしょう。是非、正しい接し方で患者さんと向き合いましょう。

TOP