症状の改善を早めるために|うつ病患者への接し方を知っておこう

病院に連れて行くため

女性

対応方法は専門家に聞く

やる気がでなかったり気分が落ち込んだりは、誰にでもあることですが、それが度を超えてしまったら病気かもしれません。特に、うつ病になってしまうと自分自身を傷つける可能性もありますので、早めに医療機関で治療を始めましょう。しかし、悩んでいる方の中には、自分ではなく家族がうつ病かもしれないと考える方もいるはずです。その場合は本人に意思がなければ診察を受けてもらえないため、結局は何もしてあげられない状況が続いている場合もあるでしょう。それなら、『どうやれば本人を医療施設に向かわせられるのか』を、専門家に質問することをおすすめします。専門家への質問は精神科・心療内科はもちろんのこと、心の悩みを相談できる施設でもおこなえますので、利用しやすいほうを活用しましょう。気軽に相談をしたいのなら、対面ではなく電話で話ができるところを選ぶと便利です。専門家に相談をすれば、病院のすすめ方をきちんと教えてくれるため、その通りにおこなってうつ病の方を医療施設まで導きましょう。無事に本人が精神科・心療内科に訪れることを承諾してくれたのなら、まずは各医療施設に予約が必要かどうかを聞いてみましょう。現在では飛び込みで診てくれるところは少なく、ほぼ予約が必須となっているので電話で確認したほうが確実です。本人は電話をかけるのも難しい状態のケースもあるため、代わりに家族がかけてあげるのもよいでしょう。もちろん、深刻な状態なら予約制ではなく、飛び込みができる医療施設を探したほうが安心です。そのため、どちらを利用するとしても、診察前に確認の電話をしておいたほうが無難といえます。なお、本人が一人で診察を受ける決断ができないのなら、付き添ってあげることが重要です。診察を承諾してくれたのなら、治療の開始まであと一歩なため、最後の一押しとしてドクターのもとまで送り届けましょう。また、うつ病の方はお金に対して不安を抱いていることもあるため、負担を減らしてあげるのはとても大事なことです。費用を減らす方法はいくつかありますが、一番役に立ってくれるのは保険証でしょう。これがあるだけでかなり医療費を節約できるため、医療施設に忘れずに持っていく必要があります(たいていは一ヵ月に一回の頻度)。そして、うつ病が長引きそうならば治療費をさらに安くする制度があるので、負担を減らすためにも利用を考えましょう。こちらの制度は医療施設のスタッフに質問すれば丁寧に教えてくれるため、必要に応じて申し込むことをおすすめします。そして、ドクターの診察を受けて治療を開始したのなら一安心ですが、本人への接し方が分からないという場合もあるでしょう。うつ病患者への基本的な接し方は、応援しないことや励まさないこと、そして責めないことが大切だといわれています。ですが、さらに複数の条件が絡み合うため、なにが正解なのか分からなくなってしまうでしょう。そのときは、本人を診てもらっているドクターに相談をして、個人にあった接し方を教えてもらったほうが安心できます。書籍やインターネットで色々な情報を見つけられますが、やはり本人にあわせて接し方を工夫したほうが確かです。対応の仕方だけではなく、薬の作用や副作用もきちんと教わって、本人と一緒にうつ病を治していきましょう。

TOP